WordPressでLP(ランディングページ)は作成できる?LPを作成する手順も解説! 

はじめに

LPは売上を左右する大切な要素です。

いろいろな企業がさまざまな工夫をして作成していますね。

HPの作成ではWordPressが使われることが多いですが、LPの作成にも使うことができるのでしょうか。

すでにWordPressを使った経験があり、基本的なことがわかっているのであれば作成自体は難しくありません。

ただ、メリットとデメリットがあるので、それを踏まえたうえで使うかどうか判断しましょう。

WordPressでLPを作る際の具体的な手順やおすすめのテンプレートなどもご紹介します。

WordPressでLPは作れる?

世界で最も利用されているCMSであるWordPressは、Webサイト全般の構築が可能です。

HPはもちろん、ほかのあらゆるWebサイトを作ることができるのです。

そのため、LPを作成することももちろん可能になります。

実際、株式会社ZOZOや博報堂などの大手企業もWordPressを用いてLPを作成しているのです。

ただ、WordPressを好んで使わないWebデザイナーもいます。

WordPressでは不都合なこともあるからです。

どのようなメリットとデメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

WordPressを用いてLPを作成するメリット

まずはメリットを紹介します。

LP作成にWordPressを使う大きなメリットは3つあります。

手間がかからないこと、カスタマイズがしやすいこと、そして、管理や修正が非常に簡単にできるようになることです。

どれも、Webサイトを作成するうえでのコスパを非常に良くしてくれます。

特に、すでにWordPressを使ったことがある人であれば、なおさらこれらのメリットを享受できます。

WordPressを使ったことがない人やあまり慣れていない人でも、Webサイトを作ることができるように設計されているのもポイントです。

手間がかからない

LP作成の際に、システムをすべてゼロから作るのは結構大変です。

慣れていなければ、調べなくてはいけないことも多くなり、時間もかかります。

その点、WordPressは操作が簡単です。

特に、WordPressでHPを作った経験がある人ならば、仕組みも理解していて操作にも慣れているはずです。

HPと違い、LPは一つのページを作れば良いので、なんとなくイメージできるのではないでしょうか。

もしWordPressを使ったことがなかったり、操作に慣れていなかったりしても、複雑なことはあまりないので、それほど時間を費やさずに作ることができるでしょう。

WordPressはWeb関連の深い知識がない人でもサイトを作ることを可能にしてくれます。

Webサイトを作る際に必要な難しい行程がなくなるので、用いたほうが手間が省けます。

カスタマイズがしやすい

HTMLやCSSにコードを書き加えたり、編集したりするのは大変です。

ある程度知識があったとしても、複雑なコードを書こうとすると時間がかかりますし、何より失敗した時の修正などが心配です。

プラグインを使えば、難しいコードをいちいち編集することなくサイトを自由にカスタマイズすることができます。

WordPressはプラグインが充実しています。

検索すればいろいろな無料のプラグインが出てきて気軽に使うことが可能です。

用途に合わせてプラグインを紹介しているサイトもたくさんあります。

また、使用しているテーマを変えるだけで、サイトの外観をがらりと変えることができます。

無料で使えるテーマもたくさんありますし、有料のものだと、さらにカスタマイズしやすくなるのです。

修正や管理が楽になる

WordPressの場合だと、インターネットにつながってさえいれば、どの場所からでも、どのデバイスからでもアクセスして簡単に編集することができます。

パソコンでなくても、タブレットやスマートフォンからも操作が可能です。

そのため、サイトの修正や管理が格段に楽になります。

いつも同じ場所で作業する必要がなくなり、自宅やカフェなど好きな場所で仕事をすることができるというわけです。

出先で、ちょっと修正しなければならない場所が出てきた場合なども、その場で手軽にスマートフォンから操作を行えます。

旅行先やホテルでもWi-Fiを通じてアクセスが可能です。

最近、場所を選ばず自由な働き方をしたいという人が増えていますね。

WordPressはそれを可能にしてくれる、うってつけの手段ということになります。

WordPressを用いてLPを作成するデメリット

手間がかからず、どこからでも簡単に操作ができる便利なWordPressですが、LPを作成するにはデメリットも生じます。

これらのデメリットを把握しないままWordPressでLP作成にとりかかってしまうと、後で後悔したり、大幅な時間ロスが生じたりする可能性があります。

以下のデメリットが許容できるかどうか、LP作成にとりかかる前に一度考えてみましょう。

もし条件に当てはまったり不都合を感じたりするのであれば、WordPressに頼らずフルスクラッチで作成したほうが良いかもしれません。

自由度が高いLPには不向き

一般的なLPはWordPressでも問題なく作ることができます。

ただ、自由度が高いLPだと難しいかもしれません。

既存のテンプレートを用いる場合、レイアウトや機能に制限がかかります。

そのため、予定していた通りのLPが作れない可能性があります。

製作予定のLPの条件が細かく決まっている場合やこうしたいという強いイメージがあるのなら、その条件やイメージに合うテーマのテンプレートを見つけなくてはいけません。

テンプレートの数は非常に多いため、好みのレイアウトや機能のものを見つけ出すのはそれなりに時間がかかります。

確固とした条件がいくつもあるのならなおさらです。

もし、完成予定のLPに個性的なデザインや独特の機能があるのなら、一から自分で作ったほうが良いでしょう。

サポートが不十分

WordPressのサポートはあまり充実していません。

過去に同じようなトラブルが起きた人の相談と解決策を提案しているメッセージのやりとりが公開されているので、それを参考にするという程度です。

エラーが発生した時は、独力で解決しなければいけないということを心得ておく必要があります。

ただ、世界中で多くの人がWordPressを使っていますから、Web上でWordPressに関連するたくさんの情報を見ることができます。

何かしらエラーが生じたり、操作がわからなかったりしても、個人のブログや企業のサイトなどで解決方法を公開しているので、参考にできるものが多いです。

トラブルがあった時に、自分で調べるなどして解決するのが難しいと感じるのであれば、WordPressを使わないほうが良いかもしれません。

WordPressを用いてLPを作成する手順

LPを作成するために、WordPressをどのように使っていったら良いのか、手順を紹介します。

一般的なLPであれば複雑なことをしなくても良いので、WordPressを使い慣れていない人でも、それほど難しくはありません。

HPなどを作ったことがある人であれば、まったく問題なく作ることができるでしょう。

手順としては、HPを作る時とほとんど一緒です。

HPは複数のページを作ってそれぞれ見やすいようにするのですが、LPの場合は一つのページとしっかりと作り込んでいくことになります。

テーマを用意する

WordPressではWebサイトを作るために、まずテーマを用意します。

テーマは既存のテンプレートを利用する方法と、自分で作成する方法の2種類があります。

既存のテンプレートを使えば、コードを書く知識がなくてもハイクオリティのサイトを作ることができます。

多種多様のレイアウトや機能があり、数も豊富です。

無料と有料のものがあり、ものによっては色が変えられない部分があったり、レイアウトや機能に制限があったりします。

デザインや機能に妥協したくないのであれば、有料のテーマが便利です。

既存のテンプレートを使わずに、テーマを自分で作成する場合は、専門の知識が必要なうえ、手間がかかります。

ですが、凝ったデザインのLPにしたい場合は自分で作成するのがおすすめです。

テーマを有効にする

テーマは管理画面の「外観」から「テーマ」を選択すると表示されます。

別のテーマを探したい場合は画面の「新規追加」を選ぶと、たくさんの種類のテーマを見ることができます。

テーマを選択すると、レイアウトや機能などの詳細を確認することが可能です。

気に入ったテーマがあれば追加して、「有効化」を選択します。

テーマは一度有効化した後、いつでも変更することができます。

既存のテーマは本当にいろいろな種類があり数が多いため、選ぶのに時間がかかることもあるでしょう。

どのようなデザインにしたいのか、ハッキリとしたイメージがないのであれば、まず無難なテーマを選択してみましょう。

作っていくうちに、イメージが固まっていき、理想のテーマの条件が見えてくるかもしれません。

<h3>テーマをカスタマイズする

「外観」の「カスタマイズ」を選択し、完成イメージをもとに画像や文章などを配置していきます。

ここでの、色の選択や文章と画像の配置、表示のされ方など、できることがテーマによって異なるのです。

そのため、テーマを選ぶ際に、理想のデザインを実現できるテーマかどうかを確認しておく必要があります。

ただ、カスタマイズの途中でも、編集した文章や画像のデータを引き継ぎながらテーマの変更が可能です。

最初から理想のテーマを選択できれば問題ないのですが、途中で不具合が出てきた場合でも、問題なくテーマを変更できるのでそれほど心配はいりません。

新しいテーマを有効化する前に、「ライブプレビュー」から、編集済みの自分のサイトがそのテーマでどのように表示されるのかを見ることもできます。

LP作成におすすめのテンプレート

LPの作成に向いているおすすめのテンプレートを紹介します。

膨大な量のテンプレートの中から、理想のデザインを実現できるかどうかいちいち確認して選ぶのが面倒だったり、最初のテンプレート選びに失敗したくなかったりする人は、ぜひ参考にしてみてください。

無料のテンプレートは、できることに制限がかかっていることが多いです。

それでもピッタリと条件に合うものが見つかれば問題ありません。

有料でも1,000円~3万円程度で良質なテンプレートを買うことが可能です。

Lightning

Lightningは無料で商用利用可能なWordPressのテンプレートです。

初めてWordPressを用いてLPを作成する方におすすめです。

専門的な知識がなくても、簡単な操作で本格的なページが作れるのが特徴となっています。

シンプルなデザインでメールフォームの設置やレスポンシブにも対応しています。

一般的なLPであれば、不自由なく作ることが可能です。

いろいろなプラグインとの相性も良いため、何か付け加えたい機能や変えたいことがあれば、気軽にプラグインを導入して自分好みにすることもできます。

有料版を利用すれば、さらに自由自在にサイトをカスタマイズすることができるようになるのです。

サポートも充実していて、無料のオンライン勉強会などもあります。

詳しく知りたい方は、以下のサイトを見てみてください。

Lightningはコチラ

Emanon

Web集客に特化している企業向けのテンプレートです。

自社製品を売りたい方や本格的なアフィリエイトをしたい方にうってつけのテーマでしょう。

スマホから見た時のデザインが良く、Web集客機能があるのが特徴です。

申し込みフォームやCTA機能の設置、お客様の声などの設置も簡単でわかりやすいです。

無料版もありますが、本格的なマネタイズを行う企業や事業主の方には有料版をおすすめします。

Pro9,800円/Business12,800円/Premium27,800円のプランがあります。

まずは無料版を試してみて、使い勝手が良ければ、見込み収益や現在の規模に合わせたプランを選ぶと良いかもしれません。

一度購入すると、複数のサーバーで使いまわすこともできるためコスパも良いです。

詳しく見たい方は、こちらのサイトをご参照ください。

Emanonはコチラ

Xeory Extension

こちらは無料で利用できる質の高いWordPressテーマです。

企業の特徴やサービス紹介、会社情報、お問い合わせなどが管理画面から簡単に編集・追加することができます。

コンテンツ重視のブログサイト運営に向いているテーマですが、LPの作成も簡単にできるようになっているのです。

良質なコンテンツを提供することによって見込み顧客にアプローチし、ファンを増やして売上につなげるといった、コンテンツマーケティングに力を入れたい企業や事業主に向いています。

メルマガ配信スタンドのフォーム設定ができるLPが作成可能です。

操作が簡単でわかりやすいため、LPやほかのWebサイトづくりに慣れていない人でも難しくありません。

興味を持った方は、ぜひこちらのサイトから確認してみてください。

Xeory Extensionはコチラ

まとめ

LPは売上を左右する重要な要素です。

失敗せず、きちんとプラスの効果を生んでくれるLPを作成したいものです。

自由度の高いLPを作るには、システムをすべてゼロから作成する必要がありますが、一般的なLPであれば、WordPressを使った方が手間が省けます。

すでにWordPressに馴染みがあるのであれば、なおさらです。

また、WordPressのテーマを自分で作成するという方法もありますが、先に紹介したように、LP作成にうってつけのテーマも複数あります。

理想のLPが作成できるテーマを見つけることができれば、WordPressを使ったLPの作成は非常に簡単になります。

無料で使えるテンプレートも存在しているので、費用をかけたくない人にもおすすめです。

理想のLPが作れるテーマがあるかどうか、ぜひ一度確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です